kids_image
ホーム お知らせ OB会HP マップ リンク集 問合わせ サイトマップ ログアウト
メインメニュー
学童保育とは
現代、働く女性や核家族が増えてきています。共働き家庭や母子・父子家庭などでは親が仕事をしているため、小学生の子どもたちは、学校から帰った後の放課後や夏休みなどの学校休業日には、子どもだけで過ごすことになります。
このような家庭の小学生の子どもたちの毎日の放課後(学校休業日は一日)の生活を守る施設が学童保育所です。子どもたちは、学童保育所で安心して生活を送り、また、親も仕事を続けることができますつまり、学童保育所には親の働く権利と家族の生活を守るという役割もあるのです。
学童保育所に通う子どもたちは、そこが生活を営む場所となります。学校から「ただいま!」と帰ってきて、家庭で過ごすように休息し、おやつを食べます。友達と公園や室内で遊び、宿題をしたり、掃除もします。学童保育所から友達の家に出かけたり、塾に通うこともできます。
学童保育所は子どもたちにとって「放課後の生活の場」そのものなのです。
今日、共働きや・母子・父子家庭などが増え、「働くことと子育てを両立したい」との願い広がり、「うちの地域にも安心して子どもを入れられる学童保育所がほしい」という声はますます大きくなっています。
 

コンテンツのトップ 次のページ
保育方針